看護師バイト~准看護師について(給与)~

准看護師の平均年収額は?

看護師バイト~准看護師について(給与)~

准看護師を目指す方にとって、大いに気になるのはやはり給与面でしょう。2010年の調査結果では、准看護師の平均年収は約400万円(平均年齢45歳)で、新人は約250万円となっています。看護師の水準と比較すると、約1割程度低いのが現状です。

看護師との給与の差の理由としては、やはり国家資格である看護師に対して、准看護師は都道府県知事資格であることや、養成期間や教育内容に差があること等があります。また、准看護師は医師や看護師から指示を受けて業務を行うため、責任の大きさの差も要因の1つですが、職場によっては、准看護師と看護師の行う業務の内容が殆ど同じのところもあります。

こういった職場では、看護師と准看護師の給与体系を同等にしているところも見られるのですが、業務内容は同じなのに、給与には歴然と差があるという職場もあるので、転職の際には十分注意する必要があります。

准看護師の場合、職場によって待遇面に大きな差が出るケースが多いため、上手に転職情報を探すことが非常に大切になります。そうすれば、一般の相場以上の待遇の職場を見つけることも可能です。

准看護師の転職先をお探しの方には、准看護師専門の転職エージェントを利用してみることをお勧めします。准看護師の求人に特化していますので、専門のスタッフが客観的な視点で、自分の実力を判断してくれます。

新卒ではなく、現役の准看護師の方で、自分が実際どれくらいの給与に見合う実力があるのかを考えたことがある方はどれくらいいらっしゃるでしょうか。一度上記の転職エージェントで判断してもらうのも良いのではないでしょうか。

また、待遇面では納得できても、現在の職場にどうしても馴染めない、という方もいらっしゃると思います。そのような方は、思い切って転職を考えてみてもよいかもしれません。准看護師専門の転職エージェントを活用して、他の准看護師のワーキングフィールドの情報に触れてみるのも、今後のためになるかもしれません。

准看護師について(男性看護師)

准看護師という職業は、女性限定ではありません。男性の方でも准看護師になることができます。現在、全准看護師に占める男性の割合は1割弱(2010年)というところですが、年々少しずつ増加の傾向にあります。

慢性的に看護師が不足気味であるという日本の事情や、男女雇用機会均等法の浸透により、職業における性別の垣根がなくなってきたことも、男性准看護師増加の要因の一つと言えるかもしれません。 また、准看護師の業務内容のハードさも要因の1つかもしれません。医師や看護師の指示を受けて業務を遂行する准看護師の仕事内容は、職場によっては看護師と殆ど変わらない場合もあります。

総じて立ち仕事が多く、深夜の作業になることもあり、かなりの重労働といえます。加えて、医療技術の発展により、新型医療機材等の導入を行う病院も多く、そういった機材の運搬のような力仕事を准看護師が行うことも増えています。

その他、患者さんのベッドの運搬や、患者さんの身体の清拭等、准看護師の作業には、女性よりも男性に適性があると言える仕事も多いのです。また、男性の患者さんの中には、やはり恥ずかしさもあって、身体の清拭の作業は、同性の男性准看護師にお願いしたいというケースもあります。

そういったことを考慮すると、准看護師は男性と女性が共存しているほうが業務も回りやすいと言えるのではないでしょうか。

とは言っても、全体的に見れば、まだまだ男性准看護師はマイノリティであり、准看護師は女性しか採用しない病院も多いですが、その一方で、男性准看護師を積極的に採用する病院も見られます。マイノリティだけに、逆に売り手市場だとも言えるのです。

ですが、個人で就職先を探そうとすると、なかなか大変なことが多いです。給与等に関しても、下手をすると相場以下の待遇になってしまう危険性もあります。

このような時に心強い味方になってくれるのが、男性准看護師専門の就職・転職エージェントです。男性准看護師の求人に特化していますので、実力に対する正当な評価・待遇をしてくれる就職先を見つける手助けをしてくれます。

こういったエージェントを利用することにより、自分の希望にマッチする就職先を見つけることができるでしょう。是非一度利用してみることをお勧めします。

↑ PAGE TOP