看護師バイト~産業看護師って何?~

産業看護師の仕事内容について

看護師バイト~産業看護師って何?~

産業看護師が働く場所は一般企業や工場などになります。 産業看護師の業務内容は、従業員の病気や怪我を応急処置や、メンタルサポートになります。 最近ではメンタルサポートがとても重要視されているそうです。

メンタルサポートが重要視されている理由は、不景気と増税などといった社会を取り巻く環境や、職場の人間関係などによるストレスを抱えている人が多くなっているからです。

ストレスがたまると心の病にかかってしまったり、体調に悪影響が及んでしまったりします。 産業看護師は、このような事態を事前に防ぐためにも、メンタルサポートが重要となってきているのです。

他にも、労働環境や安全性についてを見たり、社員の労働時間をチェックしたり、健康相談を受け付けたりするのも産業看護師の業務内容です。また、従業員の健康状態について、データをまとめることもあるので、事務作業が多くなることもあります。

一般的な病院などとは違うため、目が回るほど対応に追われるということはあまりないと思います。 やはり一般企業での勤務になるため、デスクワークがメインとなると思います。

事務作業が苦痛ではない、むしろ落ち着いてできる作業だから好きという人には向いていると思います。 そして、症状が重い患者さんを見るわけではなく、具合が悪い人には薬を提供したり、怪我をしている人には応急処置をしたりするくらいなので、命に関わるような医療事故が起こる心配がありません。

もしも重症の患者さんが来た場合は、直ちに病院へ連絡するくらいなので、自分が直接診るということはありません、医療事故のリスクによるストレスを感じること無く勤務できるのも、産業看護師のメリットだと言えます。

また、勤務時間は企業に合わせた時間帯になります。24時間体制の工場の場合は夜勤もあると思いますが、一般企業の多くは午前9時くらいから午後6時くらいまでが勤務時間です。そして休日は土日にしっかりとれるところがほとんどです。

なので、休みを周りと合わせられますし、日勤だけなのでプライベートも充実します。 産業看護師になるためには「産業看護の実務経験2年以上」「第一種衛生管理者資格を取得している」などほかにも条件がありますが、条件をすべてクリアしているのなら誰でも登録することができます。 キャリアアップにも繋がりますので、興味はある人は是非挑戦してみてください。

看護師でもネイルが楽しめる職場ってあるの?

看護師は「人に見られるお仕事」でもあるので、外見に気をつける必要があります。 やはり外見で気をつけるべき点は「清潔感」です。清潔感のない人に、診てもらうというのはどうしても抵抗のある人がいますので、派手なメイクに派手な髪型、そして長い爪に派手なネイルは避けるべきでしょう。

特にネイルに関しては、衛生的におすすめはできません。 長い爪は患者さんを傷つけてしまう恐れがありますし、できるだけ短めで維持するようにしましょう。 また、ネイルアートに関しては、控えめなら大丈夫だというところも確かにあります。

ネイルアートがどのくらいOKなのかは、職場にも寄ります。ネイルアート自体NGで、爪は指からはみ出たら切るという飲食店並みに厳しいところもありますし、短かくてあまりラインストーンなど乗せ過ぎない程度ならOKのところまでさまざまです。

ただ、こういった細かな部分の情報は、入職する前ではあまり知ることはできません。 女性ならお仕事中もちょっとした部分でお洒落を楽しみたいと思っている人も多いのではないでしょうか?

求人サイトに提示している給与や待遇だけが全てではありません! このような細かい部分は公にはなっておらず、入職後色々言われるのがほとんどなのです。

看護師専門の求人サイトを利用すれば、入職前に細かい部分の情報も知ることができるかもしれません。 その理由は、看護師専門のの求人サイトには、プロのコンサルタントを設置しているからです。 プロのコンサルタントはあなたの転職をマンツーマンでサポートしてくれます。

もしもあなたが「その職場はネイルアートがOKなのか?」と質問をすれば、あなたに変わって調べてきてくれます。細かい部分が制限されるというのは、のちのち負担になってしまうこともあります。

看護師専門の求人サイトを利用すれば、そのようなことも解消されると思うので、まずは登録からしてみてはいかがでしょうか。きっと、希望に沿ったより良い職場が見つかると思います。

↑ PAGE TOP